Skip to content
美を生きる

家庭画報2005年1月号から2006年12月号までに連載された大好評企画に新規原稿を加えた千住博のすべてがわかる、本人による初の自叙伝的エッセイ。

画家誕生までの軌跡、そして新作ナイトフォール・デイフォールと、未来を語る。
日本画家として、一個人としての千住氏の魅力を伝える内藤忠行氏による写真も必見。
 

【 目次 】
年表 千住博が振り返るヒロシと博の足跡
第1章 素顔のヒロシ/額縁/ホテル/ヴァイオリン/大学/絵/自転車/水泳/豆腐のバター焼き/ワイン/美術部/岩絵の具/空港
第2章 画家 博/フォーリングカラー/画廊/イタリア/滝/アトリエ/雨/東京/夏/印象派/富士山/現代アート
第3章 これからの千住博/祇園の舞/楽器/壁画/化粧
親子対談 千住博 x 千住文子 千住家流親育て、子育ての極意/おわりに

 

単行本: 220ページ

発売日: 2008/3/7

定価:1,995円(本体1,900円)

 

出版社: 世界文化社
ISBN-10: 4418085122
ISBN-13: 978-4418085125