Skip to content
ルノワールは無邪気に微笑む

芸術とは、「美」を通した、自分と他者とのコミュニケーションである。そんな持論を持つ新鋭の日本画家が、ファンとの素朴な疑問を、明快に一刀両断。ピカソのどこが魅力的なの? いままでの絶対絶命のピンチは? 画家って、果たして儲かるの? 子どもを感性豊かな人間に育てるにはどうすればいいの? 芸術の神髄を日々の生活に生かしたい人の必読書! いま、芸術の真の姿が浮かび上がる。

 

発売日: 2006/10
定価:740円+税
 

新書: 247ページ
出版社: 朝日新聞社 (2006/10)
ISBN-10: 4022731079
ISBN-13: 978-4022731074