Skip to content

バックステージ

2018年10月

Images Thumbnails

秋田市立千秋美術館には高野山金剛峯寺の襖絵をはじめ、伝統的な日本画の文脈で作品をまとめました。特に金剛峯寺襖絵は実際の空間を感じられる畳を設置しました。

美術館が違うとキュレーターの考え方も違うので、全く異なる空間が出現し、興味深いものです。

秋田県立美術館では新しい傾向の作品を集めました。正面はこの展覧会のために作成したビデオアートです。両側に当美術館所蔵の木喰仏を設置しました。

県立美術館に出品する作品に当てるブラックライトを調整している所です。ブラックライトが当たると白い滝は目にも鮮やかな青色へと激変します。