Skip to content

バックステージ

Chelsea, New York

2017年11月

Images Thumbnails

テーマは「地の果て」。境界の内側だけの安寧を求める現代社会に、かつて確かに存在した、地の果てやボーダーの向うはどうなっているのだろうという意識を問い掛けました。

作品は150号を中心に100号から200号まで約30作完成しましたが、会場の都合で約半数を展示しました。

画廊の上顧客やVIPをお招きしたレセプションが開催され、作品の初披露となりました。

展覧会に先立ちアトリエにて特別にご縁のあるコレクターたちをお招きし、レセプションをしました。モリモトニューヨークのケータリングが大好評でした。